chiten house

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

ちてんのちょっとした生活を書いてみようと思います☆
by chiten55
カテゴリ
全体
いつもの出来事
結婚式場見学
映画見たよ☆
グルグルぐるめ☆
ニュースについて
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 3 )

予想は…

Excite テGテLテTテCテg : フ|ヤテjテナチ[テX

たぶん、「ゲロ助」だと思うなあ。
[PR]
by chiten55 | 2006-02-03 17:36

一室ALL

全部書けたのでいっぺんに書きたいと思います。

「一室」

「こんにちわ」
「…誰だ」
「あれ?こーんにちわー!」
「聞こえてるって!だから誰だ?」
「サバコといいます」
「親御さんはどんな感性してんだ?」
「フランス語に似てますよね」
「知らん」
「改めまして、こんにちわ、あれ?こんばんわ?介錯いたす?」
「なんで切腹なんだよ!絶対ちげーだろ、日本人じゃないのか?」
「ある意味」
「…」
「ご主人様」
「ご、ご主人様~?」
「ええ、恩返しをしに参りました」
「…」

お茶を飲む(ズズズ~)

「…」
「…で?なんで恩返しなわけ?」
「…とりあえず、助けていただきましたもので、恩返しは常識かと…」
「はあ…」
「何か?」
「いや~、俺、鶴助けた覚えないんだよな~」
「淡水魚ですが」
「魚かよ!」
「キャッチアンドリリース(Vサイン)」
「誇らしげだな」
「ええ、夢でしたから。ついでに恩返しの参考書買ってまいりました。(本を出す)」
「ん?って100均の絵本じゃねーか!つか買えたの??」
「私はあまり日本の言葉は読めませんので読んでいただけますか?」
「俺が?」
「はい」
「なんなんだよ…むかしむかしーあるところにー」

(略)

「そして…鶴は飛び立っていきましたとさ。めでたしめでたし」
「うう…!うううぅ…」
「ん?」
「えー話や~!」
「キャラ変わってんぞ!?」
「うう、なるほど分かりました。」
「いいのかな~」
「まかしてください!鳥類なんぞに負けてられません!」
「大丈夫かな~。脳みそ小さそうだからな~。」
「比率は鳥類と変わりませんよ!」
「なんでそんなん知ってんの??!」
「勘です!」
「絶対間違ってるよ?!」
「私がんばります!」
「はあ…」


「何から始めましょうか?」
「ん~そうだな~。あ、…」
「なんでしょうか??」
「あ、いや~…腹…減ったな~って。」
「なるほど、では私めが犠牲になって」
「うわー!減ってない減ってない!」
「いえいえ!我慢は禁物です!かっさばいてください!」
「俺がすんの??!」
「どーんと!」
「うわ…いいよいいよ。もう、他の事してくれよ」
「…そうですか…、残念です」
「残念なの?!」
「そうですね~、肩でも揉みましょうか?」
「いや俺特にこってないから」
「では…本格的に恩返しを…」
「何すんだ?」
「機織機ありますか?」
「ねーよ!何時代だよ!」
「鱗で反物を」
「予想ついたよ!だからねーって!」
「なんと」
「だから魚はいやなんだよ~、脳みそちっちぇーなー」
「会話できるだけでも良しとしてください。ミジンコなんか『ちょいーっす』と『あ、そういうことね!』しか話せないんですから」
「なんでミジンコを…。っていうか話つなげそうだな、それ。」
「結構うまく渡ってるようですよ」
「じゃあ、いーじゃん、お前よりましだよ」
「…」
「わかったわかった。じゃあ話し相手にでもなってくれよ」
「わかりました!アドバイスいたします!」
「アドバイスは…いいよ」

「…どうぞ!」

「名前サバコだったよな~」
「はい!鎖国の鎖に老婆の婆に子供の子です!」
「元ヤン??!しかも鎖国って…お前何歳なんだよ。」
「人間で言うと50歳ぐらいですかね?」
「中年じゃねーか!」
「まあ…そうともいうと思いますが、でもまだまだ半人前です」
「別にいいけど」
「私の母は漁船に攫われてしまいました。いわゆる北朝鮮ですよね。」
「なんでそういうのは知識豊富なんだろ」
「私はその後ご主人様にさらわれそうになったのですが…」
「言い方悪いよ」
「貴方様は私を見て御慈悲のある言葉をおっしゃってくれました。」
「何ていったっけ?」
「んだよこれ~ちっちぇ~な~!もっと大きいの捕れねーのかな!絶対まずいぜ!もういいや餌にもなんねーなー!捨てよ!」
「もしかして、復讐しに来たの?」
「という音を発していたと思います。」
「理解できない言葉でよかったな。」
「何か?」
「いや、でもよ~、どっから人間の姿になんの?川から?」
「それは社交辞令です」
「企業秘密だろ。どこで間違えるんだ?」
「お恥ずかしい…」
「そのボキャブラリーの源を知りたいよ。…っていうか鯖なのに淡水魚なの?」
「それは社交…」
「もういいって」
「すみません。言ってしまうと戻ってしまうんです。」
「へえ~なるほど。」
「ご主人様は1人暮らしですか?」
「いや実家だよ。下に家族いるし」
「は!そうなのですか!失礼いたしました!では、早速ご挨拶を…」
「食われるよ!?いいよもーめんどくさいんだから」
「はあ、しかし」
「俺の言うこと聞けねーのかよ」
「あ、いえいえ!かしこまりました」
「お前の母さんは釣られて…あと家族はいるの?」
「…」
「あ、別に言いたくなかったらいいよ…」
「…」
「ごめん」
「数え切れません」
「あ、そっちか!そりゃそうだ!」
「たぶん確率は鳥類よりか悪いと思います」
「敵対心強いな」
「負けてられませんから」
「うーん。まあ食物という点では勝ってるとは思うんだけど」
「ですよね!ではそろそろ掻っ捌いて…」
「いいから!ほんと死にたがるな!」
「ご主人様のためなら…」
「ふーん」
「この日のためにミジンコを食べ続け、丸々と太ってまいりました。」
「ミジンコのみ?!まあ見た目は成人女性みたいだから、旨いんだろうけど」
「ぴちぴちです!」
「うーん、まあ今度でいいよ。」
「わかりました!」
「…特技はあんの?」
「特技…ですか。キャメルクラッチなんか…」
「だからなんで?!ねえなんで!?」
「しゃ…」
「いいって!」
「…他にはですね…、泳ぎは得意ですね」
「そらな、溺れたら困るよ」
「他は…お茶ですかね。」
「ん?お茶?」
「はい、おいしいお茶が作れます」
「あ、いいじゃんそれ。作ってきてよ」
「あ、はい!喜んで!」

出て行く

「あ、そういや下に誰かいたらどうすんだろ?まあいーや」


来る

「お待たせしました~☆」
「早いじゃん。下に誰かいた?」
「いえ、いませんでしたよ。」
「あ、ほんと?よかったよかった。」
「テレビを見ている生物はいましたけど」
「母親だよそれ!?お前結構失礼だよ?!」
「あ、すみません。」
「どういう認識能力なんだ」
「魚眼ですから」
「関係ないでしょ」
「まあ飲んでくださいよ~。シャチョさん!」
「だからどこでそういうのを仕入れたんだって」
「まままま…」
「(ゴク)…ん、旨いな、うん。結構うまいよこれ」
「そぎました」
「お前の一部かよ!ぐろいよ!」
「痛いです。」
「生き地獄じゃねーか!」
「はあ、はあ、助けて…」
「俺がやっちゃったみたいじゃねーか!」
「う!(倒れる)」
「おい!鎖婆子!」
「ご、ご主人様…」
「しっかりしろ!」
「私…ちょっとでもご主人様のお役に立てたのでしょうか?」
「ネタ的によかったよ!役に立ったよ!」
「鳥類には…」
「あいつなんか惨敗だよ!だからしっかりしろよ!」
「私…夢があったんです。…ご主人様に見守られながら焼き魚になってご主人様に食べられることです」
「鎖婆子…」
「どうか私の願いを聞き入れてくださいませ、ご主人様。」
「…」
「私の雄姿(ゆうし)を最後まで見届けてくださいませ」
「…」
「さようなら、磯次郎さん」←ちなみに私のじーちゃんの名前です。
「…鎖婆子!」
「とう!」

かんからかーん!焼き魚参上

「ちっちぇーーー!!!鎖婆子!鎖婆子!なんで自分の命粗末にするんだよぉ!なんなんだよ!俺の名前はヤスノリだよ!磯次郎って…恩返しする人間違ってるよ!ってか確認しろよ!そもそも俺川釣り行ったことねーんだから!くそお!なんで…!くそ!俺がいけなかったんだ!俺が!ちょっと前から『あっれ~俺釣りしたことねーや』って気づいてたのに!面白そうだからつい…。なんだよ!戻って来いよ!なんでご飯と味噌汁セットなんだよーーーーー!!…くそぉ!鎖婆子ぉー!」




…グー(腹の音)

「…………いただきます。」

ちーん

完。


「うん、(モグモグ)、うまいよこれ」



っていう映画を作ろうと思っています。
[PR]
by chiten55 | 2004-12-20 12:45

jiji-!

おじいさんをだました「脱げ脱げ」詐欺 | Excite エキサイト

熱い期待ってなんだよ!???なに詩人になってんの!?
脱げって言われて脱ぐ人は上島隆平とあんたらぐらいだよ!
私には理解できん。私なら即効で逃げるぞ。男に「ヌードにならんか」とかいわれたら…。
未だに男心がわからん…。
[PR]
by chiten55 | 2004-12-17 09:26